☆WONeDERFUL SIGN☆


「もし叶ったら」よりも「叶える」方が なんだか楽しそうに思えたから
by mr_chil27_remi39
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とりあえず さようなら ~後編~

Mr.Children
“HOME” TOUR 2007 - in the field -
8月25日、26日 豊田スタジアム


後編のライブレポです。
前編は>>コチラ

※ネタバレに注意※




16 口笛
イントロが演奏されて、この曲と分かった!
もうめちゃくちゃ嬉しかったよ~~~!!!
私がここで『口笛』について語ったことは多分ないと思うんだけど…
これもとてもとても好きな曲で。
実は、昔、ファンになりたての頃、一番好きだったりします。
少し思い出話をします。
ベスト後半を聴いて、耳についた曲が何故かこれ。
最初はベストの中でもこれだけが好きで。
でもだんだん、他の曲の魅力にも気付いていくんだよね。
ミスチルを好きになったとき、ベストも含めてアルバムが15枚くらい出てて、
とりあえずミスチルの曲を聴きたくて、
いつ出たアルバムとか、どれがシングルでどれがアルバム曲とか、
そもそもシングルとアルバムの違いもよく分からず、
音楽業界の仕組みも分からず、
とにかく全く何も分からずに、
図書館にあるもの(っていってもアルバム全部あったんだけど)片っ端から借りてた。
一通りアルバムを聴き終えたのが多分3年前の今頃、夏休みも終わりかけ。
リリース順も無視して聴きまくってて、
「ミスチルっていっぱい曲出てんだなぁー」と思ってた。
でも、だんだんこのリリース順、ミスチルの歴史が分かってきて、
それに合わせて曲の位置づけとかも自分の中でできるようになってきた。
今では、リリース日もほぼ完璧に覚えています。
ミスチルのたくさんのアルバムを聴くとき、意識するのは、
それがいつ出たアルバムで、その時のバンドの状態がどんなだったか。
だからこんな音楽が出来たのか~と、更に曲が深くなるから。
それができるようになる前、一番好きだったのがこの『口笛』です。
もちろん、今は嫌いってわけではないけど、
その頃はとってもとっても好きでした。

そんなことを思い出しながら、聴いていました。
シフクのDVDを見て、ライブでこの曲聴けたら素敵だなぁ~と思ってたけど、
シフクでやったからしばらくやらないだろうな、って思ってたの。
だからやってくれてすごく嬉しかった。
アリーナの『to U』みたいに、画面に歌詞が出てみんなで歌います。
桜井さんのチラチラ~っと歌うんだけど、それに合わせてみんなも歌う。
『to U』は1番しか歌詞が出なかったから、1番だけ歌うものだったんだけど、
これは最後まで歌詞が出てて、結局ずっと歌ってました。
私くらいのマニアになれば、歌詞なんかなくても全部暗記してるんだけど(笑)、
それでも歌詞がでるのはすごく好き。
スクリーンに映し出された文字を読みながら歌うと、
歌に潜んでいる物語がにじみ出てくる。
「言葉の魔法」、ってやつかな。
簡単に言うと、風景を思い浮かべながら聴ける。
更に、曲の世界に集中できる。
確かに、『口笛』は『君と僕の物語』なんだけど、
その日、歌詞を見ながら歌ったあの時、
私はなにかそれ以上のものを感じた。
それが何かは分かんないんだけど。
『口笛』を歌いながら、何かを発見できたし、何かが確実に変わった。
このスタジアムツアーで、私にとって一番重要な曲は、この『口笛』でした。
忘れている何かを、思い出させてくれた曲。

- MC -
「さっきの曲は皆さんに参加してもらったけど、次の曲はその返事で、僕らから一方的にメッセージを投げかけていきます。聴いてください」

わぁ~また何々?!?!

17 Sign
そこでこの曲のピアノのイントロ。
会場が沸かないはずがない。
『Sign』をライブでやった時の反応ってすごい。人気あるんだなぁ。
「聴いてください」って桜井さんがMCではっきり言ってたのにも関わらず、
1日目の隣の人は歌う…
しかもイントロ聴いて「この曲なんだっけ?」とか喋りだすし。
あーーもう嫌!!!雰囲気乱しすぎだよ!!!
(まぁこの辺で私の怒りは頂点だったわけです 笑)
実は、1日目はこの曲あたりでステージ正面のスタンドの後ろから、
綺麗な月が顔を出し始めていました。
『口笛』の時には、スクリーンにその月が映ったらしい。
(私か気付かず…)
そして、『Sign』では、
「♪緑道の 月明かり 君にあたって揺れる」
と、歌詞を変えて歌ってくれました!最高な演出!
曲が終わった後のMCで、
「このステージはとてもよく月が見えて、皆さんより一足先に楽しませてもらっていました」
と、桜井さん。
これぞ、野外の味だよね~

18 ポケット カスタネット
ここから21までもアリーナツアーと同じ。
『もっと』と同じく、桜井さんの声がよく伸びて、会場全体に響いています。
スローテンポの曲でも、決してダレさせないのはやっぱりすごい。
途中からドラムも入ってきて、曲は色を変えるのですが、
これがライブで聴くとずっと気持ちいいです。

19 Worlds end
アリーナツアーと同じく、JENのドラムソロからスタート。
これがめちゃくちゃかっこいいです。
CDみたいに、「ガーン!」と始まるのもいいけど、
こうやってドラムで少し溜めると、この曲へ向かう心の準備ができるからいい!
二日目は特に桜井さんのテンションが高かったです。
スクリーンに映るのは桜井さんの横顔が中心。
顔の上に赤色の線が3本ほど重なって、ゆらゆらしてます。
この曲は桜井さんや他の映像がスクリーンに重なって映ってます。
最後の方には、様々な「言葉」が流れる。
ステージ上の大きなスクリーンには、まず、
「風が吹いて 海を渡った…」みたいな言葉。
本当は3言あったんだけど、思い出せないです…
その後ステージの下方、右端から左端まである帯スクリーンにも、様々な言葉。
ステージ上方のスクリーンには、人生の一場面のような言葉が中心。
言葉に重なって、鳥たちが飛んでいく。
帯スクリーンは、世界の出来事が中心。
まぁその辺はDVDで確認ってことで♪
最後にまた「風が吹いて 海を渡った…」の言葉が流れて、
飛んでいた鳥が輪の形に並んで…次の曲。
I LOVE Uツアーの『Worlds end』は、
桜井さんが体いっぱいで表現した姿が、
今回のは、この映像の演出がとても印象に残ってます。

20 終わりなき旅
2日とも、桜井さんのギターはブルーフラワーではなく、
初めて見る青いエレキでした。
桜井さんがギターをかき鳴らして始まる。
スクリーンには、昭和の子供たちなどの映像。
一番最後の「♪終わりなき旅」の時には、ロケットが発射する映像。
曲の後半では、また子供たちの写真が映るのですが…
これが、実は、メンバーの子供時代の写真が混じってるらしい!!!!
………ってのは、もしかしたら常識ですか???汗
アリーナツアーと同じ映像だったのですが、
私、この噂を帰ってから知りました。
もっと早く言ってよ~~~~!!!笑
桜井さんと田原さんは確認できる…らしい。
あー、むちゃくちゃ見たかったよ!
またDVDで探そう。
曲の最後では、子供たちが書いた地球の絵がスライドショーで流れて、
だんだんそのスピードが速くなって…暗くなる。

21 しるし
このイントロが流れると同時に、会場は静まり返る。
今回は小林さん、大丈夫でした(笑)
多分、CDより更にアレンジされたイントロだったと思う。
照明は、全体的にピンク。
『しるし』は、怒涛のTV出演を見ても思ったけど、
歌うたびに桜井さんの曲になっていて、桜井さんの味がしみていると思う。
大サビで、転調するとき、照明が桜井さんだけを照らす。
その後、下から上へ照明が上がっていくのが、
この曲の壮大さを表しているようで、大きな気持ちになった。

「ミスターチルドレンでした!どうもありがとう!」

二日目は、ナカケーの誕生日でした。
手拍子をしながらアンコールを待っていると、
後ろの方から歌声が…
何を歌ってるんだろう…と思ったら、
「ハッピーバースデー」の歌でした。
会場のあちこちから沸いていたらしいです。
あ、素敵だな、こんなに大きな会場でも一つになれるんだな、って、
なんだかすっごく嬉しかったです。

EN - MC -
桜井さんは緑色の七部袖くらいのTシャツに着替えてた。
桜井さんの緑色…初めて見た気がする。
私、緑好きなので、嬉しかったです!!かっこいい!!
アンコールでやった曲も、緑の服が合ってるなぁ~と。
相変わらず、めちゃくちゃ目立ちます(笑)

ここでは二日目のことを。
メンバーが出てくると、「ハッピーバースデー」の合唱に気付き、
桜井さんがステージの前の方に出てくる。
ここでナカケーがアップになり、
「ありがとうございます。誕生日が楽しい年でもなくなりました…」
と、超、超、超、超ーーーーー控えめなMC(笑)声が小さくて聞き取れない…
いつも思うんだけど、ワンマンライブで、
桜井さんの声しか聴けないってのはおかしい!!!笑
ラッキーな時でJENでしょ…
この時も、1日目は本当に桜井さんだけで、
二日目はこのナカケーと突っ込みをいれてたJENだけ。
た、田原さん…???!?!って感じなんですけど(笑)
ちょっとでもいいから、喋って欲しいなぁ~と思います。
桜井さん「今日誕生日の人を調べてみたんだけど、あんまりいないんだよね。誰か知ってる?(とナカケーに聞く)」
ナカケー「セキモトケンタロウ…」
桜井さん「(え?ダレ?)阪神の選手?」
ナカケー「(にっこり)」
JEN   「ここ名古屋ですから!」(正確に言うと、名古屋でもない…笑)
8月26日生まれで、一番有名なのは関本?その次はむしろナカケー本人じゃない?
続きは桜井さん。
「他にもね、知らない?ツチヤカオリさん…知らないよね~…。(笑)次はねぇー、すごいよ!ワダアキ…ラさん!(笑)『ワダアキコじゃん!!!』と思ったんだけど、微妙に違うのね~」
ここで、前の方にいた「ワダアキラ」を名乗るお兄ちゃんが、
「俺ワダアキラだよ!!!」と、桜井さんに大騒ぎしてアピール。
一生懸命ワダアキラさんの主張に耳を傾ける桜井さん。
「それホント?!後で免許証見せてもらうからね!おめでとう!」
ここでワダアキラさんがスクリーンに映って、ガッツポーズ!
いやぁ~あなたはすごいよー。
でもミスチルのライブでも時々こーいうのあるみたいだね、すごいすごい。
「さっきケーキでお祝いしました」と報告して、次の曲。

EN1 Wake me up!
楽しげなイントロ。
二日目は、イントロの時点から「Wake me up!」と歌っていたので、
すぐこの曲だと分かったけど、
1日目はなかなか分からなかった。
実は、この曲。HOMEの中で一番好きだったりします♪
アリーナで聴けなくて、ホント残念だったんだよな~
「♪Wake me up!」のところは客席にマイクを向けたりしてました。
この曲にある、何かが始まるドキドキ感、
HOMEが始まっていくドキドキ感。
野外で聴くのが最高だった!また、絶対、やって欲しい!

EN2 innocent world
なんと、ここでイノセント!!!!!
びっくりした~~~ホントに。
本編でミリオンヒット連発してて、さすがにイノセントまでは…って思ってたもん。
もうこれで完璧じゃないか(笑)
「ミスチルの代表曲」として名前が挙がる曲は、本当に全てやったように思う。
完全に、お腹いっぱいです…。。。
もちろん、一番はみんなで合唱♪
歌詞がなくてもAメロやBメロを合唱できる、
そんな曲はなかなかないんじゃないかな。
イノセントでとことん盛り上がって、いよいよ最後の予感―――

- MC -
「最後に、まだ発表されていない(まだほとんどの人が聴いたことのない、だっけ?)曲をやりたいと思います。別れの曲なんだけど、ここから始まる曲でもあります。」
他にもいろいろ言ってたんですが、忘れました。
新曲を聴ける、っていう興奮の方が大きくて。

EN3 旅立ちの唄(新曲)
まず、全体的な雰囲気としては、Signやくるみや、その辺のミディアムバラードです。
「♪恐がらないで~」から始まって、
サビの冒頭は「♪旅立ちの唄」
サビの最後は「♪~から」(この『から』を丁寧に歌う)で終わってる時が多かったです。
決して派手な曲ではありませんでした。
1日目は実はあんまり印象にノ残らなかった。
でも2日目、大阪に帰りながらずっと頭の中を流れていた曲は、これでした。
2回聴いて、サビは大体覚えたかなぁ…また忘れかけてるけど。
でも、10月にはきっと聴けるでしょう。
「ミスチルの新曲を聴く」というのは、私のとって1年に何度かある一大事で、
いつもデッキに向かい合わせで、その音に耳を澄ませて聴きます。
そして、気付くとリピートボタンを押してします。
新曲を聴いたその日は、その新曲だけを聴いていられる、
というか、聴かずにはいられない。
だから、実はライブよりラジオやPVで聴きたかったりする。
んだけど、『彩り』の時にそうだったんだけど、
こうやってライブで聴いて、数ヵ月後にCD音源を聴いて、
色々思い出すことがあった。数ヶ月間、自分の心の中で暖められていたようで。
しばらく、『旅立ちの唄』を心に留めて、また家で聴ける日を心待ちにしたいと思います。

エンディング
全員がステージ前方に来て、手を繋いでお辞儀。
ミスチルメンバー以外が退場する。
『旅立ちの唄』(CD音源)が流れつつ、
メンバーが右へ左へ手を振ったりお辞儀をしたり。
2日目はこの辺りでJENが先ほど亮太くんがやった、
「レッツ ゴー ゴー!」をやる場面もあったとか。
だけど2日目、私はとにかく終電に乗らなければならなかったので、
この辺では既にお別れしていました。
何度も振り向いて、手を振りながら。






こうして、私の“HOME” TOUR 2007は終わったわけです。
アリーナ・スタジアム、計4公演。
こんなにミスチルのライブに行けた、本当に幸せです。

スタジアムツアーに行く前、
スタジアムでは、アリーナの時にやらなかった
『HOME』の曲をもっとやるんだろう、と思ってた。
でも実際は、アリーナより少なかった。
新しい曲は、『Wake me up!』だけ。
『やわらかい風』も、『SUNRISE』も聴きたかった。
けど、MCで桜井さんが言ってたように、
Mr.Childrenの“HOME”は別にアルバム『HOME』だけじゃなくて、
今までの音楽全て。
“HOME”は、私が思ってたのより、もっともっと大きな言葉だった。

最初言ってたように私の中で“HOME”を完結できたかはまだ分からない。
それはDVDが出てからなのかな、って思ってる。
正直、まだまだ“HOME” TOURに行きたいし、
何より大阪ファイナルに行きたい。
でも、もう行けないことは事実なんだし、
4回の“HOME” TOURでたくさんのものを得たし、思い出した。
一つ、成長できたと思う。

しばらくMr.Childrenには合えそうにないですが、
メディアとかいろんなところで、
今年いっぱいは常にミスチルを見かけることでしょう。
そうしてるだけで私は十分楽しいし、
私の“HOME”で『愛を補充』して、
いつか…来年…かな。
またMr.Childrenに会いに行きたいと思います!!
ありがとう、Mr.Children。

[PR]
by mr_chil27_remi39 | 2007-08-30 14:16 | Mr.Children

プロフィール

**自己紹介**
つばみ
京都の大学の2回生
大学生活、
模索しながら楽しみ中

**写メ日記**
☆SUPERFICIAL WORLD☆

**お気に入り**
Mr.Children
レミオロメン
GOING UNDER GROUND
スキマスイッチ
plane
Base Ball Bear
PhilHarmoUniQue
Salyu
サクラメリーメン
音速ライン
メレンゲ
オトナモード
sleepy.ab

**ライブ予定**
11月17日
レミオロメン
10th Anniversary
TOUR 2010 “花鳥風月”

神戸国際会館

11月21日
週末Diner vol.2 大阪公演
GOING UNDER GROUND

BIG CAT

1月10日
plane
ワンマンライブ

福島2nd Line

過去ライブはこちら!

最新のトラックバック

冬に聴きたいミスチルの曲
from I’m...アイム
冬に聴きたいミスチルの曲
from ようこうさぎ
冬に聴きたいミスチルの曲
from ちいさな幸せ++
冬に聴きたいミスチルの曲
from かなっちの日記
冬に聞きたいミスチルの曲
from Memento-Mori

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧